ホームページへ





HOME > 商品へのこだわり > 裁断へのこだわり
裁断へのこだわり



「仕立てへのこだわり」でお話ししたとおり当店のカジュアルシャツは某有名百貨店の縫製も手がけるほどの日本有数の「職人の工場」です。有名百貨店のギフトカタログに掲載される品質となると一切の妥協が許されません。 もちろんそれは当たり前のことですがこの「逸品のシャツ」を作り上げるには、まず【裁断】からが問題になります。

いくら職人の手で縫製したところで裁断が悪ければ粗悪な物にしか仕上がりません。
手慣れた職人でもごまかしきれない部分が必ず出てきます。

言葉では伝えきれない部分がありますが実際に当店の商品を手に取ってお確かめになれば必ずそのつくりの良さに皆様は納得いただけるはずです。 今までにお買い上げいただいたお客様の声が証明してくれるでしょう。。。

裁断の良さを簡単に確認するポイントは、(無地では確認しにくいです)
  • ポケットと身頃のがほとんど誤差なく付いていること
    しかもポケット位置はどのシャツも同じ位置についております。
    つまり柄とポケット位置を計算した上で裁断を行わないといけません。

  • ヨーク部分(肩の部分)を背中側からみると柄がまっすぐになっていることがわかります。
こういう徹底した裁断するためにはもちろん用尺(1着にかかるメートル数)がかかり生地のロスが多くなります。 おのずと製品価格に跳ね返るのが普通です。 しかし、当店ではこのロス分は原価計算に入れておりません。 お客様に信頼されるためのお勉強代と思い、見えない部分ですが努力しております。

仕立てへのこだわり ← back | next → シャツに求められる価値


Copyright (C) 2000-2013 ARTPAL CO., LTD. All Rights Reserved.